top of page

2023年:年末ワークショップ(オンライン)

更新日:2023年12月16日

2023年、年の終わりのワークショップを開催します。

このワークショップの参加費は「スライド形式」または「物々交換」になります。



【テーマ】

「心」という字に導かれ、自分を大切に生きること


【開催日時】

12月22日(金)@ 19:30~21:00


【内容】

年の終わりになりました。

一回止まって、自分に寄り添う時間を持ちたいなと思います。


年末から年始。このトランジションの時期に、「自分を大切に生きること」について、思いを巡らせてみたいと思うのです。


「自分を大切に」という言葉の響きに、ピンと来なかったり、身体が硬直したり、抵抗感があったり、皮肉になったり、そんな反応があるのであれば、それは好奇心を持てるポイントかもしれません。


この年末ワークショップでは、自分で決めて一旦停止し、セルフ・インクワイアリ(問いかけ)します。クラスの後は、ふりかえり作業(リフレクション)を行ってみましょう。そして、ふりかえり作業で得たことと共に、新しい一年を迎えます。


クラスは所々、参加者の方々の声も聞きながら、気楽な感じで開催します。


皆さんと一緒に、ヨガやマインドフルネス、呼吸法、瞑想の旅を共有できますように。


Hari Om Tat Sat


❖行うこと❖

  • とってもシンプルで簡単なヨガの動きで、呼吸の存在を重視する。

  • なぜ私は、ヨガや瞑想の実践をするのか?についてインクワイアリする。実践の「インテンション(意図)」と「モチベーション(動機)」は何だろう。

  • なぜ「セルフ・コンパッション(自分への思いやり)」が必要なのだろうか。日本語の「心」という文字に導かれてみます。心と言う日本語は、ひとつの英単語に置き換えることができない、特別な言葉な気がします。

  • 神経系を整える呼吸法の実践。

  • 気づきの瞑想と、触れること。

  • おまけ:タントラ的なヨガの瞑想とマインドフルネス瞑想の違いって?のプチ解説。

  • 宿題(任意)「ふりかえり日記」。



このクラスを開催後、2024年1月に、「新年ワークショップ」を予定しています。

新年ワークショップでは、私が今一番興味を持っていることのひとつである、「Top-Down and Bottom-Upセラピー」について対話しながら、なぜ頭で理解すること(Top-Down) と身体で感じること (Bottom-Up) の両方が必要なのか、探ってみましょう。その時に、年末ワークショップでの「ふりかえり」も行えると良いなと思っています。


注意点:参加者が2名以下の場合、残念ですが開催は中止になります。ご了承ください。



【参加料金】

スライド形式

0円 ~ ドネーション

ご自身で経済的に出費できる金額を決めてください。0円でも構いません。

お支払い方法:メールにてお問い合わせください。


または、


物々交換

物々交換をしたい方はご連絡ください。

以下の物は残念ながら受け取っておりませんので、ご了承ください。

・ヨガのクラス

・マッサージのセッション



【お申込み方法】

メール、ライン等でご連絡ください。



【キャンセルポリシー】

キャンセル料金はかかりませんが、できるだけ前日までにご連絡ください。






閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page