top of page
IMG_6966.jpg

​yoga and therapy

ヨガとセラピー

ヨガ・マインドフルネス・トークセラピー

全米ヨガアライアンス500時間認定
トラウマセンシティブヨガ
コンパショネット・インクワイアリ

マインドフルネス

E-RYT500, YACEP, TCTSY-F, CI
MSc in Mindfulness

menu

スケジュール
  • マインドフルネス 8回セット:
    7月3日スタート。

     

  • 楽に動くヨガ:
    日曜の朝に開催中。 

sg2024-06.jpg

​活動報告

  • 英国アバディーン大学院にて、「マインドフルネス」や「コンパッション」をいかに社会に活かすかを研究しています。

  • 米国エモリ―大学慶応大学観想教育センターが共同で行っている「認知ベースのコンパッショントレーニング(CBCT)」と「SEEL(社会情動的スキルを育むための教育)」の日本的展開に、通訳・翻訳者として関わっています。

  • International Mindfulness Center Japan (IMCJ) によるマインドフルネス・ストレス低減法(MBSR)、マインドフルネス認知療法(MBCT)、トラウマ・センシティブ・マインドフルネス(TSM)講師養成講座に、通訳者として関わっています。

  • Yoyin.onlineにて、陰ヨガ創始者のPaul Grillery,その弟子であるJoe Barnettの通訳を担当しています。​及び、マインドフルネスとヨガ講師であるJanet Lauの通訳を担当しています。
     

english

Profile

産屋敷 公美​ / Kumi Umuyashiki

日常生活の中で自己調節する方法を知っていることが、生きることの助けになってきました。私がヨガを始めたのは1999年。時代は変わり続け、世界は不確実さに満ち溢れているのだけれど、その不確実さの中にリラックスして「楽ちん」を感じる時、心の視野が広がって、世界の見え方が変わります。そこには希望ではなく、可能性が溢れている。希望は未来のものだけど、可能性は今・ここにあるもの。心はフワフワしていてどこか地に足がつかないものだから、「今・ここ」に戻って来るために、ヨガはなくてはならないものになりました。

ヨガの先生(E-RYT500) / 国トラウマセンター トラウマセンシティブヨガ 認定ファシリテーター(TCTSY-F) / Dr.ガボール・マテによる Compassionate Inquiry (CI) サイコセラピー240時間コース修了 / 英国アバディーン大学・大学院にてマインドフルネスの研究中 (MSc in Mindfulness)。
 

2006年より日英通訳者​: ヨガ・瞑想・マインドフルネスのコースを通訳。北米・ヨーロッパ・日本を繋げて言葉を紡ぐ仕事をしている。

  • Facebook
  • Instagram
IMG_6968.jpg

お問い合わせ/お申込み

​shakti.mandir.yoga@gmail.com にメッセージを頂くか、フォームにご記入ください。

送信が完了しました。

bottom of page