top of page

マインドフルネスの感想

更新日:6月21日

7月より、新たにマインドフルネスのクラスがスタートします。

より楽に、より好奇心を持ってこれからの人生を生きていきたいなという思いがある方、是非参加してみてください。


参考までに、以下に参加者の方々からの感想を、紹介しますね!



参加者Aさん

自分の思考の癖や、傾向がわかった。特にぐるぐると同じことを考えてしまうことや、過去を引きずること、根に持つことの理由やなぜそういうことが起こるのかを知ることができ、自分自身を整理して落ち着かせることができるようになった!

まだまだぐるぐる思考に陥ることは多いですが、思考・感情・感覚に分けることで比較的早い段階で気持ちを整理、自分自身やその経験を俯瞰して見れるようになり、自分がとても楽になった。


参加者Bさん 自分に起きる思考、身体感覚、感情に好奇心を持ってみて自分に起こっている事を理解し自分に思いやりを持つことで周りにも影響があると思いました。


参加者Cさん

漠然としていた、「自分に対する思いやりを持つ」ということが、マインドフルネスを実践することで、可能になるかもということを学びました。

日々の出来事を、身体感覚、思考、感情と分けて眺める練習をすることで、頭の中に余計なストーリーを作らずにいられることが時々できたり、ネガティブになりすぎないでいられる助けになっていると思います。そして、自分の思考の癖にも気づくことがありました。



全体的なアンケートへの回答 ほとんどの参加者の方が・・・

  • マインドフルネスのテクニックについて理解できた。

  • マインドフルネスで学んだことが、日々の生活の役に立っている。

  • 出来事を、「思考」、「感情」、「身体感覚」に分ける練習ができるようになりました。

  • 瞑想の練習ができている。

  • マインドフルネスになぜコンパッション(思いやり)が必要かが分かった。

  • マインドフルになることで、自分についてより知ることができた。

  • 自分や他者に、思いやりを持つきっかけになったと思う。



ほとんどの参加者の方が・・・

  • 講師の講義や実演は効果的だったと思う。

  • プレゼンテーションはよく整理されていてわかりやすかったと思う。

  • 講師は質問に丁寧に対応し、生徒の興味・関心をかき立てたと思う。

  • 講師は授業時間を効果的に使ったと思う。

*******


【クラスの紹介】


マインドフルネスのクラスを8回セットで行っています。


7月からは、


  • 木曜の午前10:00~11:15

  • 水曜の夜20:00~21:15


上記の2つのクラスがありますので、ご都合の良い方を選んで頂けます。


参加者の皆さんと共に、とても貴重で興味深い時間を過ごしています。


自分を思いやりながら、「出来事」や「出来事の捉え方」について、対話や実践を通して、色々な探求を行います。


・思考の癖

・感情や気分

・体で感じていること

・習慣的な反応などに


好奇心を持って、気づいていきます。


途中で体を動かしたり、ヨガをしたりすることで、体が心に与える影響も探ったりします。


そして自分を癒し、なだめてくれる「リソース集め」も実践しています。


マインドフルネスは、何かを頑張って変えるということではなく、そのままの自分に、評価や判断することなく、気づいた状態である、ということです。


私は気づきを、「意識の光」と呼んだりしますが、東洋の哲学って、「善悪」という考え方ではなく、「光か闇か」という見方をしますね。


闇とは、無知のことです。


そこに光があるのとないのとで、大きな違いがある。


光は私たちに、選択肢を与えてくれるから。

闇の中では、歩む道がいくつあっても、それが見えていません。


だからもっとも大切なのは、気づきの光、意識の光を灯していくこと。


マインドフルネスやコンパッションの練習をすることで、部屋に明かりがついたみたいなことが起こります。


私って、そうだったんだ、という理解が生まれます。


自分を裁かなくなるし、自分を裁いていた自分をも、裁かなくなります。


クラスに参加されている人達の発言を聞いていると、実践したことが、日常に反映できるようになってきたのではないかなと、感じます。


振り返り日記も大切にして欲しいです。


私も丁寧に、マインドフルな日記を書いています。イラストなんかも入れながら。


その中で、「ありたい自分の姿(インテンション)」を持つこと。


インテンションは、いつも戻ってこられる指針のようなものとなり、迷った時の道しるべになります。


「マインドフルネスの実践と理論」のクラスは、8回セットなので、8という数字を八角形(オクタゴン)に例え、「オクタゴンのサイクルを回す」と捉えています。


これは、八角形のように角ががあっても、転がっていると角が取れて丸くなるという、比喩的な表現です。

8角形(オクタゴン)のサイクルは、1回だけではなく、何度でも繰り返し回すことができます。


つまり、8回で終わりではなく、8回終わったらまた、1回目から、改めてクラスに参加することが可能です。


そうすると、自分の成長が、よくわかります。


人は常に、変化しながら生きています。


繰り返し実践することで、この「気づきの練習」が、いつしか暮らしの一部となりますように。


8回セットのマインドフルネスを終了すると、次のレベルの「インクワイアリ」のクラスへも参加して頂けるようになります。


マインドフルネスのクラスを通し、出来事を「解釈」「感情・気分」「体の感覚」として、分けて捉えることができるようになるため、インクワイアリでの探求が、よりやり易くなります。


マインドフルネスのクラスに興味がある方は、リンクをご覧ください → マインドフルネス

きっと何か人生の役に立つ体験が、できるのではないかと思います。


これまでヨガに助けられてきた私も、今はヨガと同じくらい、マインドフルネスやコンパッションの練習に助けられています。人生の困難とも、より折り合いをつけながら、生きていけているような気がします。




閲覧数:57回0件のコメント

Comentarios


bottom of page